怪獣たちと猫のいるところ。

夫と子供二人、猫一匹と中古マンションをリノベーション、DIYして暮らしています。 小さなことで暮らしを楽しむためのブログ。 次男の食物アレルギー、アスペルガー症候群のことなども綴ります。

アスペルガー症候群は、感情がないのか。

アスペルガー(自閉症スペクトラム)で二児の母、maimo です。

 

感情がないように見える、と言われることの多い、アスペルガー症候群

 

結論からいうと、

受動型と思われる私の場合も、

他のアスペルガーの方にもあります。

 

でも、定型の人たちの感情や感情表現が、

虹のようなグラデーションだとしたら、

アスペルガーの人の感情は、

モノトーン系のグラデーション。

ただし、怒りの感情だけは、ずはぬけて強い。

 

喜びや楽しみの感情を表に出すのがとても苦手です。

いや、自分では出しているつもりなのに、

まわりには、全く伝わっていない。

ものすごくわかりにくい。

大人になるにつれ、

誰かの模倣をすることで何とか出せているのかな、と思います。

私はいつも、自分にとっても良くしてくれる、ママ友の笑顔を思い浮かべて、

喜びの感情を表現しているつもりです。

 

母は、こどもの頃の私は、

いつも無表情で何を考えているのかわからなかったと言います。

でもほんの些細な仕草で、感情を読み取っていたそう。

 

おいしいものを食べたときは、小さな声で鼻唄を歌う(無表情で)、

嬉しいときは、無表情で口をもにょもにょさせる、

嫌なことがあったときは、

体を左右にゆすったり、はねたり(無表情で)

など、すごーくわかりにくかったそうな。

 

なんだ、その子供らしくない子供は。こわー。

私ですけど!笑

 

そして、怒りは家を壊すかと思うほどに激しい。

癇癪がひどすぎて、何度も病院にいったそう。

でも、毎回 性格だからと言われておしまい。

 

母は辛かったと思います。

性格なら、しつけや育て方のせいだと周りに言われたりしたでしょう。

父親は単身赴任でほぼいなかったし、

実家は新幹線で五時間離れていました。

 

育児ノイローゼだったと思うけど、

つらすぎて死のうとも思えなかった、と言っていました。

本当につらいと、死のうとする気力も起きないみたいです。

 

ここまで無事に育ててくれた母に感謝です。

 

感情の表現がうまい人には憧れます。

人に好かれる人って、明るくて元気で笑顔が素敵で。

そういう人になりたいなぁと努力しています。

でも、きっと実力は2割くらいしか出せていないかな。

 

困ったときも、無表情でいると

相手が怒るので、

口角をあげるようにしていました。

 

アスペルガーのお子さんや、パートナーが

怒られているとき、

なんかニヤニヤしていることありませんか?

笑顔じゃなくて、なんかニヤニヤ。

目は笑っていないから、わかるはず。

そういうときは、

なぜ怒られているのかわからなくて、困っている。

困っているけど、何も言葉が出ないとき。

 

なんで怒られているんだろう?

何を言えば、怒られないんだろう?

何もわからないけど、

なぜ怒られているのかわからないと、

怒られる。

何か考えるふりをしないといけない。

 

そんな感情がぐるぐると入り乱れているはず。

 

どうか、怒りを解いて、

ゆっくり何が良くなかったか、

どうして怒られているのか説明してあげてほしいです。

 

そして、お子さんの楽しいという感情を見逃さないようにしてあげてほしいです。