怪獣たちと猫のいるところ。

夫と子供二人、猫一匹と中古マンションをリノベーション、DIYして暮らしています。 小さなことで暮らしを楽しむためのブログ。 次男の食物アレルギー、アスペルガー症候群のことなども綴ります。

部屋が片付けられないのは、アスペルガー症候群、AD/HDのせい?

5歳、1歳、二人の男の子の母親、maimoです。

築30年、古いマンションをリノベーション、セルフリフォームして、

日々の暮らしを楽しんでいます。

 

男の子二人の子育ては、

かなりしんどいときもありますが、発見もたくさん。

 

アスペルガーADHDの関係

 

私はアスペルガー症候群という発達障害です。

その名前を知っていても、子育てするまで、全く気づかず、まさか自分のこととは思ってもみませんでした。

 

アスペルガー症候群を持つ人のほとんどは、ADHDと合併症があるそうです。

逆にアスペルガーで、ADHDなどの合併症をもたない人は、1割程度とか。

 

おそらく私も、アスペルガーとAD/HDを合併しています。

小学校、中学校では忘れ物めっちゃ多かったけど、

幸い双子だったので、なんとかなってました。

 

よく姉のところに借りにいってたなぁ。

プリントも二人分あわせて、一人分でした。笑

 

思えば、姉と学校か別になった、

高校時代からだんだんとうまくいかなくなってきました。

いつもしんどくて、頭痛もひどくて

小さな頃に、水頭症の手術もしていたので、脳神経外科にも通ってました。

 

アスペルガーは、主にコミュニケーションや問題が目立つ障害で、

人の気持ちがわからない、

空気や表情が読めない、

スケジュール管理ができない、

など人との関わり、社会的な面で問題になることが多い障害です。

 

AD/HDは、注意欠陥/多動障害、

じっとしていられない、

忘れ物が多い、

すぐにどこかに行ってしまう、など、

衝動性や行動面の問題が目立つ障害です。

 

どちらも幼少期に発見されることが多い障害ですが、

見た目にはわからないことが多いため、

大人になるまでわからない人も多いそうです。

 

とくに女性の場合は、比較的軽めの症状のため、

ちょっと変わってる子、くらいで

気づかれないケースがあります。

私もそうでした。

 

なんだか知らないけど、私が喋るとみんな怒り出す。

それなら、何も喋らずに黙っていた方が良さそうだ。

という幼少期〜思春期、青年期時代を過ごし、

無口でクール、喋ると毒舌だよね、

と言われて大人になりました。

 

前置きが長くなりましたが、

今回は、アスペルガーやAD/HDの人は、本当に部屋が片付けられないのか?という点に着目していきたいと思います。

 

 

毎日掃除しているのに、なぜか部屋が散らかっている。

 

毎日掃除しているのに、

部屋がなぜか散らかっていて、片付けられない。

自分なりに片付けをしているはずなのに、部屋は荒れ放題。

 

何か始めると、自分のまわりにものがいっぱい。

 

そんな経験ありませんか?

 

まさに、数ヶ月前まで、私もそうでした。

 

料理中も、作業台の上はものがいっぱい。

 

私にとって、片付けとは、

ものを詰め込む、積み上げること、でした。

掃除機は毎日かけるけど、

ものが多いから、ホコリがいつも溜まってて、なんかすっきりしない。

 

部屋の中はいつももので溢れていて、

必要なものを取り出すときは、

全部ひっぱりださないとダメでした。

引き出しを開けたら閉まらない、

それが当たり前でした。

閉まらないので無理やり閉める、

開かなくなる→開けなくなる。

開かずの扉がたくさんありました。。

 

そのわりに、何がどこにあるかは、

把握できているので、

あれ出して、といえば、探し出すことはできます。

 

でも、自分にしかわからない場所にしまってあり、他の家族が使おうとしても、

どこに何があるかわからない、なんてザラでした。

 

きっと他の人も、子育てもしてるし、

綺麗にする余裕なんて、ないはず。

みんなそうだろう、と思ってました。

 

でも、長男のママ友のうちに行って、

びっくり。

みんな、めちゃくちゃ部屋が綺麗。

というか、圧倒的に我が家より、

ものが少ない。

 

思わず、なんでこんなに部屋が綺麗なの??

とくいつきました。

 

みんなこぞって

要らないものは定期的に捨てているし、

買わないよーと答えました。

 

片付けって詰め込むことや、積み重ねることではないんだ、、と目から鱗状態。

 

アスペルガーに限らず、部屋が片付けられない!と悩んでいる人は、

部屋が綺麗な人のお部屋に遊びに行かせてもらうと、衝撃でやる気が出るはず!

 

ただ、私は片付けをしよう!と決めるまでは、

なんでうちはこんなに汚いんだろう、、と結構、落ち込む日々が続きました。

 

でも、片付けしたいと今は、自分の家が大好きに!

いま、片付けできなくて悩んでる人は、

片付いた部屋をイメージして頑張って欲しいです。

 

 

要らないものが、わからない場合の片付け方。

 

ママ友たちが当たり前にやっていた、

要らないものも捨てる。

 

そう、まず、これができてなかった。

普通の人にとって、なんでもないことだけど、

これがアスペルガーの私にとって、かなり難しいことでした。

 

そもそも物事の優先順位ってものが、ぱっとわからない。

 

基本、ものは全部、箱に詰め込むので、

要らないものもいるものも全部一緒。

冷蔵庫も、クローゼットも、押入れも、

ぎゅうぎゅう。

 

これ、最後にいつ使ったんだっけ、

というもので溢れている。

分類もせずに突っ込むので、電池と耳かき、アロンアルファが一緒に入ってたりしました。

(今も気をぬくと、たまにやっちゃう。)

 

そりゃ、当然 いらないものだらけの部屋になるはずですよね。

 

そもそも、散らかっているって認識もあまりなかったかも。

 

ママ友たちの部屋に、衝撃を受け、

こんなんじゃ人をうちに招けない!!

と一念発起。

 

とりあえず、小さな一つの箱、

ひとつの引き出しからはじめて、

いらないものを捨てまくりました。

 

結果、要らないものが半分以上ありましたね。

 

断捨離すると、頭もすっきり。

捨てるって、一種のストレス発散かも。

 

捨てる基準は、

食品は当然、期限切れのものと、

小さい醤油とかは一週間以内に使わないであろうもの。

 

日用品や衣類に関しては、

どんなにお気に入りでも、

汚れがあるもの、毛玉があるもの、

一年以上使っていないもの。

 

あとは、

とにかく趣味のものが多いので、

細かく分類して、箱に収まるものまで減らす。

間違っても箱はぎゅうぎゅうにはせず、収まるまで!

箱は全部同じ種に統一して、ラベルをつける。

 

子供のおもちゃも全部、分類。

パーツがないもの、壊れてるものは、捨てる。

 

一ヶ月かけて、少しずつ片付けました。

 

片付けの意欲がわかない人は、部屋の写真を撮ろう。

 

アスペルガーの場合、

客観的に自分のことを見る、という視点が足りない人が多いです。

 

私もつい最近まで、心の底から部屋が汚いと思えなかったんです。

でも、写真を撮ってみると、びっくり。

写真だと、いつも以上に汚い。

こんな部屋に暮らしていたの??と驚愕。

 

部屋の写真をアップできるサイトを見ることが趣味で私もアップしたい!

と思っていましたが、

こんな部屋アップできないじゃん、とどん底に。

 

私は、片付けできた!と思ったら、写真を撮る、

の繰り返しで少しずつではありますが、だんだんと部屋が片付けられました。

 

リバウンドしないためには、住所不定のものを置かない、作らない。

これ、どこにしまうんだっけ?

置き場所がなかった!

いいやー、ここに置いて後で片付けよっ!

 

これは、元の部屋に戻ってしまうので要注意。

 

必ず、置き場所は決めましょう。

スペースがないからといって、無理やり詰め込むのもNG。

人からもらったものは、なるべく早く食べるとかですね。

 

そうしないと、あっという間に元の散らかった部屋に戻ります。

気をつけましょう!

 

アスペルガーADHDの脳は散らかった部屋と同じ?

 

余談ですが、片付けをしていて思ったこと。

アスペルガー/ADHDの脳の仕組みって、

詰め込みまくった引き出し、

散らかって分類されていない部屋と一緒なのでは?

と。

 

きっと、散らかった部屋と同じくらい

脳の中もパンク状態で、

何をどうすれば、何から先にやればいいのかわからない。

そもそも、やるべきことってなんだっけ?状態。

 

パソコンと同じで、

容量がいっぱいになったら、

要らないものをゴミ箱に捨てるか、

新しいメモリを増やすかしなければ、

正常な動作ができなくなる。

 

そして、何もできないまま、一日が終わる。

 

これが、少し前までの私の日常でした。

 

だから、

アスペルガーADHDの人が、

日常生活に余裕を持つには、断捨離、

部屋の片付けと同じように、

頭の中でも同じことをおすすめします。

 

①要らないものを捨てる。
②要るものは分類してラベリングする。
③容量が足りなければ、容量を増やす。

 

容量を増やす場合、

ノートに書く、

ホワイトボードに書くなど、視覚的にアウトプットするのがいいと思います。

ノートは、メモしたことすら忘れることがあるので、

必ず開いて定位置に置いておく、など工夫も大事。

 

自分のためにも、

断捨離の基本を常に頭にいれて行動しようと思います!

 

片付けられない、と悩んでるみなさん、

こんな私でも、

赤の他人から綺麗な家だね!

と褒められるくらい、すっきりさせることができました。

 

片付けに興味とやる気さえ出せば、

人一倍 うまくできるはず。

 

ただ、過集中しすぎて、

他の家事や予定がおろそかになってしまったことも事実です。

私の場合、

片付けや部屋の模様替えに過集中しすぎて、

朝起きられず、朝食や子供の支度がグダグダに。

旦那と大喧嘩するはめになりました。

 

子供やパートナーがいる方はそこのあたり、

きをつけないとですね。

 

アスペルガーADHDでも、片付けはできる!

 

記事のタイトルの答えですが、

結論からいえば、私はできました。

 

ただ、かなりの労力と時間がかかったことも事実。

掃除や片付けに興味を持ち続けること、

それが大事かな。

私の場合、定期的にママ友宅にお邪魔させてもらうため、

こんな素敵な家にしたい!と興味を持続することができました。

もともと、古道具やヴィンテージ小物が好きで、

素敵に飾りたいな、という憧れもあり。

 

片付けの仕方は、

ほぼ他人のコピー、模倣からはじめました。

 

断捨離本など読むのもおすすめですが、

読むならなるべく、視覚的に理解できる本、雑誌、

写真がたくさんある本がおすすめです。